FC2ブログ

和風ドールハウスとミニチュアのペリドット書店

手作りドールハウス・ミニチュアを中心にしています(*^_^*)

転写シールの経年劣化

今日はドールハウスネタを。

昔ケーキ屋さんを作ったんやけど
ドア上部にはめ込んだアクリル板に
お名前転写シールに店の名前を印刷して貼り付けてたんです。

でも6年もたつと経年劣化で(>_<)
指で触れたらずるずるっと溶けてしまいました!!
今は跡形を残すのみ。

ちょっと悲しすぎる~

建物や食器類とか
よくシールを貼ってはるけど、他の人はどうしてるんやろ??
1年もするとかなり色もあせるし
こんな風にずるんと取れてしまうんやけど。

私が使った転写シールがもう一つの商品やったんかな?

スポンサーサイト



娘さんと一緒に来てください

おかんの具合が悪くなって入院しました。
でも2週間くらいで退院できそうです。

おかんが気に入らんことは
病院の人たちがすぐ「娘さんと一緒に来てください」ということ(^_^;)

子供の頃から病弱だった私を連れて
あっちの病院こっちの病院と付き添ってくれて
いろんな手続きとか一人でやりこなして来た人やから
(約30年前に東京の病院の先生に会うため
独力で手配し、大阪から日帰りした気骨の人やし。)

もう「一人で何でもできるモン!」って思ってるのに

それやのにそれやのに
病院のスタッフ、先生まで

「娘さんと一緒に来てください」

実は一緒に行ってる私のほうが疲れてへろへろ(^_^;)
でもここで倒れるわけにはいかんので
病院から貰っている薬以外にビタミン剤やらQPコーワやら飲んで
とりあえず頑張っています(^_^;)

よっしゃ!頑張るで~!

お知らせ

来ていただいてありがとうございますm(__)m

今、家の事情でドールハウスand更新が思うようにいきません(^_^;)
ポツリポツリの更新になると思いますが
気が付いたときに時々のぞいてやっていただけたら、幸いです。

読んでくれてありがとうございます(^_^.)

葛根湯医者

久しぶりに頭が痛くなって、さっき葛根湯を飲んだ。

葛根湯といえば
昔(江戸あたり?もっと前?)の医者はすぐに町医者になれたそうな。

なにかあれば葛根湯を渡して
「煎じて飲みなさい」で、おわり。

だから葛根湯医者とか言われたとかいうのんを読んだことがあるなあ、と思い出しました。
それほど葛根湯は何でも、たいていのことに効いたらしい。

薬は葛根湯だけでも、庶民のお医者さんは
カウンセラーやったみたで、話はよく聞いてアドバイスをしていたとか。

昔話はちょっと面白い。

素麺の空き箱でドールハウス33

寒~い部屋でこつこつ、長屋の続きを作っています。

今日の作業は書店の障子作りです。

これは障子の横のウィンドー↓

横1

パーツをボンドで貼り合わせていきます。

横2

裏返して、プラ板をべったり貼り付けます↓

横3

表に戻して壁に装飾用の板を貼ります↓

横4

こっちは障子↓
あれれ?デジカメを構えた自分の手が写りこんでますわ~(・_・;)

これではまだ完成していません(^^ゞ

書店の障子

えんえんと続く…

今頃年賀状を書く(^^ゞ

お正月の楽しみである箱根駅伝も終わってしまって
もう、あたしゃの正月はオワタ!って感じですが、
まだ年賀状を書いてます。
(^^ゞ

年末、Mちゃんの他界を知ったり
また他にもショックなことが重なり
年賀状を書く気にもなれず。

でも数は少なくても、年賀状をくれる人がいて
有難いなぁ、と思い
反省して年賀状を作成してます。

年賀状がすっかり完成したら
近所の氏神様にお参りしたいと思ってます。

三が日には行かない(キリッ)
なぜなら、三が日に行くと、地元の役員さんやら議員さんやらが来ていて
*おっちゃんばっかり(^_^;)*
大変肩身が狭いような落ち着かない気分を味わった事があるからです(^^ゞ

あけましておめでとうございます

新年すっかり明けてしまいましたが(^^ゞ
おめでとうございます。
今年もよろしくですm(__)m

kadomatu

該当の記事は見つかりませんでした。