FC2ブログ

和風ドールハウスとミニチュアのペリドット書店

手作りドールハウス・ミニチュアを中心にしています(*^_^*)

素麺の空き箱でドールハウス31

ようやく真ん中の部屋の玄関が出来上がりまして
お披露目です(^_^;)

長屋の真ん中の部屋です。

↑あ、もっとちゃんと掃除してから写せば良かったかも(>_<)

そしてこれは本屋の看板を印刷したものです↓
ペリドットの和名を使って「橄欖(かんらん)石書店」にしました。

褪色を少しでも防ごうと
セロテープをはったんで、丸まってます(^^ゞ

看板です。

バルサを看板の紙に合わせてカットして↓

バルサ

2つをボンドで貼り合わせました。
ただ今乾燥中です♪

書店の看板


スポンサーサイト



メリークリスマス

メリークリスマスです

良い1日をお過ごしください(^_^.)

ブッシュ・ド・ノエルとブルーベリーケーキとサンタの皿


8月の鯨

93歳のリリアン・ギッシュと
79歳のベティ・ディヴィスが共演して、その昔に話題になっていた映画です。

テレビ放映されていたのをビデオで録画して(^^ゞ
そのまま忘れて放置(^^ゞ

約10年前のものを蔵出ししてみた。
良かった~!カビてない!

ビデオも放置してるとカビると聞いてびっくり!
年に1度はくるくる回した方がいいらしいです。

でもまぁ、ビデオってかさばるので、見たら
ちゃっちゃっと捨てようか思います(^_^;)

んで、ですね、作品の方は別になんの事件も起こらない(^_^;)
老姉妹の若い頃から始まって(少女のころには8月になると入り江に鯨が来たので見に行ったりとか)、
現代の老いてからの日常がえんえんと写し出されてます。

でもリリアンはかわいいおばあちゃんだ。
90歳なのに…あ、93歳か?なんでこんなにかわいいの??

年上のリリアンが妹役で、
白内障から目が見えなくなった姉のリビーをベティが演っている。
なぜか2人ともはまってる。

なぜかって書いてんけど、なぜやなくて、
やっぱり2人は女優なんやなあ。

リビーは気難しくて、言葉がとげとげで、いくら優しい妹でもちょっと疲れ気味で
50年来の友人に姉の愚痴をこぼしたり…

そのリビーは死を恐れ、妹が去ってしまうことを本当は恐れている。
文句ばっかり言いながらも妹を必要としてるねんなぁ、と思えた。

なんのかんの言って喧嘩しても
2人は映画の最後では少女のころのように
手に手をっとって海に出かけていく。

姉妹って(兄弟もかなあ?)喧嘩もいっぱいするし
お互い嫌なやっちゃ、と思うときもあるねんけど、またくっついてるねんなあ。面白いねぇ。

つい引き込まれて見てしまった佳作でした(^_^)

クリスマスのミニキルトetc

ネタがないので、更新が止まり気味でございますm(__)m

この前テンプレートを一新して
写真も変えたのですが、どうも秋の雰囲気です(^^ゞ

前にクリスマスのミニ・キルトを作ったんで、
写真を撮って差し替えようとしたら…

ない。

どこかに入れておいた筈やのに

ない゚・。(。/□\。)。・゚

以前に撮った写真だけでもUPします。↓

クリスマスのミニキルト、ブーツ、クッション

大人の塩らーめんはいずこ?

うちのおかんが
「ラジオで『大人の塩らーめん』がおいしい言うてた」と
欲しそうに言うので(^_^;)

ほんなら店に見に行くわ~と出かけて行ったものの
見当たらず(^_^;)

戦果なしで帰ったら
「ほんまにここは田舎やな~」とひとこと。

まあ、田舎なんですけどね(^^ゞ

思うところありまして

カテゴリーに抗がん剤治療を加えたのですが、
私が抗がん剤治療を受けたのも
早くも来年で4年前の話となります。

患者としては新しくて、詳しい情報がほしいのです。

私のブログではさして新しくもなく
詳しくもない…

ここは一旦、記事を削除し
仕切りなおすのがいいのではないか、という結論に達しました。
(あ、オーバーな書き方してしまいました)

病気は別ブログに移そうかな、とも考えています。
よく気が変わるので(^^ゞ
別ブログは作るかどうかわからへんのですが、
ここは病気(ガン)とは関係なしのサイトにしたいなって思っています。

また気が変わったらごめんね~
とりあえず、
抗がん剤がらみの記事は年末ごろまで残そうかな、って思っております。

ではでは(^^)/~~~

近況でございます

お久しぶりでございます。

周りでいろんなことがあって
ストレスのせいか
血圧がUP!して
苦しいペリドットです。

高血圧といっても140台なので、
苦しいからといってじっとしてたらあかんそうです。

そんな、しんどいがな~ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!

ぼちぼち体を動かして
ただ今、様子してます。

ドールハウスはお休み中です。
また調子が戻ってきたら再開します。(^^)/~~~

Mちゃん、ありがとう

友達のMちゃんが亡くなったと
彼女の旦那さんから連絡があった。

突然のことで
信じられなかった。

彼女とは同じ膠原病で25年のお付き合い。
昔はメールとかなかったから
もっぱら手紙でのやりとり。

お互いの悩みを打ち明け
アドバイスをしあったり。

う~ん、後半は一方的に話を聞いてもらったかな。
ごめんね。そしてありがとう。

知り合ったころから何度も何度も入院・手術の繰り返しやったね。

ご両親を介護し、見送ったのは去年、おととしのこと。
介護が体に負担がかかったんだろうと思う。

なんと言ったらいいかわかれへん。

ただただ、ありがとう。
友達になってくれてありがとう。

今はもう、苦痛はないんやね。
もう大量に薬を飲む必要もないんやね。
入院も手術も必要ない。

安らかに眠ってほしいとおもいます。

Mちゃん、ありがとう。
なんにもできなくてごめん。

ありがとうね。本当にありがとう。ゆっくり休んでね。
ありがとう。ありがとう。
本当にいっぱい話を聞いてくれてありがとう。

本当にありがとう。

該当の記事は見つかりませんでした。