和風ドールハウスとミニチュアのペリドット書店

手作りドールハウス・ミニチュアを中心にしています(*^_^*)

褒められた~(^_^.)

法事をやって、重量級のいとこたちが来たりで、
もとからよれよれやった廊下を支えていた柱がどうも折れた(>_<)

廊下の板なんかもうべこべこ。
大工さんをよんで見積もりをしてもらいました。

なんとかご予算内に収まりそうで
良かったな~。

ついでに私の作った和風ドールハウス
(玄関に置いていた)を褒めてもらいました。

和風ドールハウス

特に窓の桟の並べ方がいい!んだそうです。
「計算してもなかなかうまくいかへんね」って。

計算、してません。(^_^.)
てか、やってもうまくいかなかったんで(>_<)

褒められた窓の桟

中から出窓を見る

ところで細い棒はどうしたん?と聞かれ
「カッターで切りました」と答えたところ
「危ないね~」と一言。
マイナス5点というところでしょうか?(^_^;)

庭

庭の池はレジンを流して作りました。

この作品を作っていたのは手術前。
抗がん剤終了後に完成させた思い出の(?)ドールハウスです。

和風ドールハウス

上から見たところ

本職の大工さんに褒めてもらえて
心がほっこりした1日でした。



スポンサーサイト

空き箱でドールハウス

塩昆布の空き箱で作ったドールハウスです。

塩昆布の空き箱で作ったうどん屋

以前に別ブログで掲載したことがある作品です。

うどん類は樹脂粘土をこねて作りました。

やたら時間がかかって、なかなか出来あがらへんねんけど、

無心で粘土をこねたり、材料をカットするのが楽しい。

栄養指導を受けてきました。

金曜日に内科へ行ってきました。

高血圧の原因はストレスや更年期のせいかもしれないと言われ、
栄養指導を受けて
2週間様子を見ることに。

月曜に同じ医院で、栄養指導を受けてきました。

金曜日から月曜昼までのメニューを書いていったんやけど
栄養士さんからはほぼ合格点をいただきました♡

強いて言うならば、
・加工食品をもう少し減らす。
・煮込み料理が多いので蒸し料理や焼き物にしてみる。
・味見してみて、ちょっと味が薄いかな?と思う程度にしてみる。
・ごはんは180gから150gにする。(これは太り気味のため ^_^;)
ということやった。

で、高血圧の原因は食事はあまり関係なさそうなので
やはり更年期とストレスかなぁ?という話になり、

ストレス解消のために踊り(フラダンス(^_^;))とかどう?ってすすめられたけど、

時々頻便になって、
出るときは出るんで、なかなかねぇって話になり、
「それはストレスたまるよね」
って言われた…。

習い事をするとどうしても月謝がいる。
今は昔働いて貯めたお金を小出しにおろして小遣いとして使ってるんで
あんまり余裕ないし。

やっぱいろいろストレスたまってるわw

次回は腸を切った人向けのプリントをもらえるらしい。

知ってることも多かったけど、
行って良かったかも(^_^.)

ドールハウス事始め その2

その1からの続き

その後は作るのが大変過ぎて、
本が出たら買っては眺めるだけ。

そんなだらだらドールハウス趣やったのが、
また作りたい!と思わせてくれたのが
溝端 高子 、久保木 こずえさん親子の
「ドールハウス和のしつらえ―JAPANESE DOLLHOUSES」
という本に出会ったから。

(調べたら今は絶版とか。)

溝端さん(お母さん、だったと思う)のドールハウスは、
ただ四角い箱を利用しているだけではなく
部屋を斜めにカットしてしていたり、工夫がされていて
その加減で奥行きが感じられ、
まるで奥の部屋を覗きこむようで、
ほかの人とは一味違って感じられました…

って…なんか

言葉で説明するのは難しいですねー。

でもこんなドールハウスを作りたいなぁ、と思いつつ
道具をそろえたり、板をカットするのが億劫で、
またまた眺めるだけになっていたのが

9年位前にネットでこずえ工房(溝端さん親子)の
「和風ミニチュア通信講座」というのを発見!

ぜひ作りたい!!

速攻で申し込む!

道具一式来た~!

3作(ドールハウス2個と家具や食べ物づくり)を作るのに1年がかり!

それでも完成することができて
終了証書もいただきました。

ところで、
ホームページも削除されてるようやし。
こずえ工房って、今は活動されて無いんですかね??

写真やなくて
実物のドールハウスを見たかったなぁ。


ドールハウス事始め その1

最初にドールハウスを作ったのは?年前。

第1号は本屋さん。

ベニヤ板を糸ノコで切るだけで、指が痛くて大変やった。

その頃はあまり教本もなくて、ただ力任せにノコギリを動かして
ワープロ(!)で茶色の紙に「**書店」とか適当に文字を印字して
紙袋を作っていました。

本は雑誌を切り抜いて、これまた適当(^_^;)

適当に作った書店ながら
雑誌に掲載してもらえて思い出の1作。

でも阪神大震災で
私は本棚の下敷きになり、ドールハウスも半壊してしまい
結局捨ててしまったなぁ。

該当の記事は見つかりませんでした。