和風ドールハウスとミニチュアのペリドット書店

手作りドールハウス・ミニチュアを中心にしています(*^_^*)

大人のアスペルガー症候群

大人のアスペルガー症候群 講談社 佐々木正美、梅永雄二・監修

表紙に書かれた「友だちが出来ない、仕事がうまくこなせない」という言葉に
思い当たることがあって買ってしまった。

中を開いたたら、一部を除いて思い当たるところだらけだった。(笑)
私は人に対して失礼な行動、言動はしないのではないかと思う。というか思いたい。(汗)

でも一を聞いたら一しか出来なくて悩んでいる。
納得できないことは出来ないし、納得するのにやたらと時間がかかる。
応用はさらに出来ない。融通がきかないので、咄嗟のことには対応が出来ない。
本にはどうするべきか、どう考えるべきかは書かれている。
自分のキャラを見つめるには良い本かもしれない。
でもなんとなく物足りなさを感じる。

私自身がアスペなのかどうかは分からない。
WEB上でテストしてみたが、落ち込んでいるときは閾値を軽くオーバーするが、
気分が安定しているときは「普通の人」になる。

ただひたすら要領が悪いだけなのか??

アスペかどうか診てくれる医師を探すのも大変そうだし、
診てくれても現在は治る可能性はなさそうだ。
若ければジョブコーチもつけてもらえるかもしれない。
だがすっかりいい年をしたおばちゃんにジョブコーチなんてついて貰えるのか?

支援センターがあることも触れられているが、一般の機関は発達障害に詳しくない人もいるとの
但し書きあり。

一般の機関には「詳しくない人もいる」じゃなくて、詳しく知っている人がいないのだろうと思う。

自分で出来るのは、周りに理解者を作ること、友達を作るのを諦めないことだそうだが、
既に自信をなくして、人とかかわることが非常に億劫になっている。

本は買ったものの、決定打のようなものはなくて、
先にも書いたが、物足りないような、満たされないような思いなまま本を閉じてしまう。

それが今の現状と言うことか…。

スポンサーサイト

肩掛けグラニーバッグを作ったよ♪

グラニーバッグを作った。

お手本は「簡単かわいい手作りバッグ75」主婦と生活社刊・1200円なり。
去年の10月頃に本屋で立ち読みして、P.11の肩掛けグラニーバッグがかわいいなぁと思った。
でもビンボーなので、そのときは買わなかった。作りかけのものなら山のようにあるし。(^_^;)

しかし帰ってからもやっぱり気になって、結局しばらくしてから買いに行ってしまった。
ABCクラフトでそこそこ安く売っていた端切れとパッチワーク用のカットクロスを2種類買って来て、
型紙を写して裁断。
作り方の手順をじっくり見て、見て、見て、面倒くさくなって放置。(^_^;)

そして年が明けた。(-_-;)

3月になって体調が激悪くなって2ヵ月後に退職。
しばらく休むように医師から言われたこともあり、趣味に走ることにした。
で、やっとこさ5月にミシンがけ着手。
ほんの通りだと、ポケットが少ないんで、表面と同じようなポケットを内側にもつけて面倒くささ倍増。
表も裏生地も「ふちかがりをする」と言う指示はなかったけど、
洗濯してすぐほつれたらいややん!とふちかがりして余計な手間を増やす。

で、ですね、内側にはマグネットホックをつけるんですが、
「つける」としているだけで、詳しいことは書いてない。

初心者としてはちと、戸惑いましてな。

ネットで検索したらホックをつけるところには接着芯を貼ってしっかりさせたほうがよいようで。
(他のページは、そのようにイラストが描いてある物もあった。)
ネットで見たものは、ただ接着芯をアイロンで貼るだけだったけど、私は洗濯したら周囲からはだはだ~とはずれそうで嫌じゃん!と接着芯の内側四角く、表面に糸が出ないようにチクチク針を刺してまた手間を増やしてしまった。

しかし、ミシンがけは結構疲れる。

休み休みやって、約1週間かけてやっと完成。

なかなか家族には評判よろしいです。(評価は大甘かもね。^.^)
自分でも気にっています。自己満足だな~。
あ、でも、本の通りやればもっと簡単だったんだけどね~。
あと、もう少し詳しい図解があれば親切かも~とも思ってしまったのでござる。
いきなりグラニーを作るなって事ですかね。(*^。^*)
それはさておき、本を眺めてるとまたなんか作りたいなーという気分になってます。

該当の記事は見つかりませんでした。