和風ドールハウスとミニチュアのペリドット書店

手作りドールハウス・ミニチュアを中心にしています(*^_^*)

蓮を見に行く

今日の記事、カテゴリをプチ旅にしてんけど、
プチもプチ、極プチ旅なんです。

近所(^^ゞに蓮が咲いてる池があって
朝に自転車をちゃりちゃり転がして
見に行ってきました。

咲いてるところが道よりだいぶ離れてるんで
私のへっぽこデジカメをズームしてもまだちっちゃい(´・_・`)

蓮

水辺に浮いてる蓮はなんか涼しげでいいなあ。

スポンサーサイト

そうだ、住吉大社へ行こう!2

昨日の続きです。

鳥居をくぐると、すぐに有名な反り橋が見えてきます。
淀君が慶長年間に奉納されたものらしいです。


反り橋

(↑ クリックでさらに大きくなります。)

踏み面が狭いです。
つま先立ちで上がる感じで、ちょっと恐いかな?


反り橋


その昔々、まだ美青年だった頃のJapanのデヴィッド・シルヴィアンが
住吉大社を訪れて、反り橋を渡ろうとしたものの、渡れず(?)
なんか、非常に苦労した、という話を今は亡き雑誌music lifeで読んだ覚えが…
古い話やなあ(^^ゞ

もとい、境内は大きな木々がたくさんあって、静かに時が流れる癒しスポットです。


住吉大社内


わんこの散歩に来てはる人もちらほら見かけました。
こんなところを散歩できるやなんてええなぁ。



順番に第4本宮、第3本宮、第2本宮、そして第1本宮とお参りさせていただき、
ここへ元気にこれたことを報告させていただくことが出来ました(^_^.)

第四本宮

第三本宮

第二本宮

第一本宮

写真を並べてみると、同じようなアングルばっかりで、芸のないことでした。
ちょっと反省。

このあと種貸社、大海神社へいったのですが、
種貸社は商売や子宝の神様らしい(^^ゞ

知恵を授けてくださるそうなので、私には子宝は関係ないので知恵のほうかな?と思い
少しだけ願いつつお参りしてきました。

住吉

住吉

帰りは降りた駅を越えてもう一つの停留所(あ、駅かな。駅だよね)に渡ると
直ぐに今度はトラム(堺トラムとかいうらしい)が来て、
あわてて乗ったので、また写真はナシに…

先頭に座ったけれど、ちょっと座席は狭めでしたが、
なかなかの旅気分♪

途中、下校してきた子供たちがワラワラ乗って来て
子供の病気にすぐ罹患してしまう私はちょっと怖かったです。ははは…(^_^;)

ホンマ、体力ないんです、私。
幸い、今のところ無事です(^_^;)

天王寺に着くと、子供たちに押し出されるように車外に出て、また電車の写真は撮れず(^_^;)
陸橋に上って、そこから撮りました。

市電
(こちらの写真は大きくなりませんm(__)m)

私の他はみなさん、阿倍野ハルカスを撮影しておられました。
そんな中で一人、阪堺線の市電を撮る女(笑)

おあとがよろしいようで(^^)/~~~

そうだ、住吉大社へ行こう!1

思い立って、住吉大社へ行ってきました。
住吉へは、天王寺から阪堺線に乗ってすぐらしいです。

とはいえ、私、阪堺線とは馴染みがなく、以前に1度、乗ったことがあるだけ。

それも20年前なのか、それ以上なのか(^_^;)
怪しい記憶の彼方です。

とりあえず、ざっとネットで調べてからLet's Go!
天王寺に降り立ち、陸橋から下を見れば、阪堺線が見えます。

下へ降りたものの、直接道路を渡って駅に行けず、
そこら辺のエレベーターで地下に下り
阪堺線への出入り口はどこやねん??とちょっとまごつきました。

サインだらけなので、そのサインに従っていったんですが、
回りが小奇麗になっているのとちと対照的に(^_^;)
ちょっとキタナイ(小声でお願いします)階段を上がっていくとやっと駅に出ました。

すると浜寺行きがまさに出発するところで
「あら、さようなら~」と見送る羽目に(^_^;)

でもすぐに次の電車がやってきました。

ちんちん電車は見た目がとってもキュート。
小さいものが好きなので、そのせいか妙に惹かれます((笑))

電車を写真に収めたかったんですが、結構人がいて、
恥ずかしくて、撮れませんでした(小心者です)

乗って10分ほどやったかな?あっさりと住吉鳥居前に到着。
ほんまに鳥居前に電車が止まるんで、便利です(^_^.)

記念に1枚

鳥居前
(↑ クリックでさらに大きくなります。m(__)m)

なんだかうまく写真と記事が表示できません(>_<)
写真が大きすぎるんでしょうか?
一気にまとめたかったんですが、この記事、ちょっと続きますm(__)m

黒井健 絵本原画の世界展

9月20日に阪急うめだ本店へ
「画業40年記念 黒井健 絵本原画の世界展」を見に行ってきました♡

チラシと半券


この人の作品は「詩とメルヘン」や、絵本「手袋を買いに」で知っているのみ。
(「ごんぎつね」はストーリーを知っているので悲しくなるのが嫌で買わなかった。)

それでも懐かしくて、また阪急はこの5年間行ってなかったし
重い腰を上げて行ってまいりました。

予想外に多い原画にびっくり。150点もの作品が見られるやねー。
本で見るのと、原画で見るのんは大違いやなーと感じた。
製本にするとのっぺりというか、きらきら感が無くなる気がした。
やっぱ原画はすごいわ。

黒井氏のお嬢さん・凪さんのフェルト作品も見られます。
(凪さんって誰?って思った。帰ってからネットで調べた(^_^;))
これがかわいかった。
ラッコとアザラシは特に気にいった。
黒井健本人による木彫りの作品は、原画から抜けてきたようだった(笑)

ギャラリーでは3台くらいテレビが置いてあり、
インタビューや作品の技法、
それと「ごんぎつね」を流していた。

「ごんぎつね」を流しているテレビのまわりは
わりと沢山の人が座っていて、人気があるんやな~と感じた。
私みたいに悲しくなるから見たくないってのは少ないのかなー?

行けてよかったなぁ。でもちょっと疲れた。
絵本コーナーがあったので、
ゆっくり座って絵本を眺めつつ休憩できて良かった。
椅子が置いてなかったら、私は最後まで回りきれへんかったやろなぁ。

たっぷり1時間強をそこで過ごし、満足して7階へ移動。
7階では「日本全国50人の作家によるお茶碗500選」をやっていて
色とりどりのお茶碗を見ることができた。

北海道の陶芸家・黒田じゅんさんの兎のお茶碗は、居酒屋で飲んでるのかな?
色は青み1色ながら、味があって面白いなぁ。

沢山のお茶碗を眺めていたらもう12時を過ぎている。

お昼は梅田ゲートタワー1階にある「シャンデレール」と決めているので、さっそく移動。
おいしいと聞いたけど、方向音痴なのでいけるかな?と若干不安やったけど
あっさりたどり着けました。

日替わりガレットとクレープが味わえるおもかせコースの
「クレピエコース」を注文。
この日はソーセージとラタトゥイユのガレット(チーズ卵入り)、
苺のヌガーグラッセとバニラジェラート、木苺ソースがけのクレープやった。
これにサラダ、スープ、ドリンク(私はコーヒーにした)がついて1380円。

ガレット

ガレットはバジルが効いていて美味しくて、ついついご飯が欲しくなった(^_^;)
ちょっとボリュームが足りないかな?と思いながら食べてたんやけど、
チーズ卵の威力は大きい((笑)))
ガレットだけで十分お腹一杯になってしまった。
しかし、クレープはバニラにジェラートの豪華版。
これも平らげて、すべて完食。
あ~、美味しかった~。

クレープ

来た道を戻って、また阪急に入り、
地下でヨックモックの秋限定マロン・ミルクレープ
(あ、またクレープか!まぁ、いいや(^_^;))と
これまた秋限定のクッキーを買って
♪るるる~と帰ってきました。
満足の1日でした。


このカテゴリーに該当する記事はありません。